Color & Finish (カラー&フィニッシュ)

ノースフォークコンポジットが提供する全てのブランクは「ローカーボンフィニッシュ」です。ローカーボンフィニッシュとは、ブランクに塗装を一切施していないもので、サンディングされたままの、カーボン素地がそのまま露出している仕上げのことです。

この一見、無骨にさえ見えるフィニッシュには理由があります。塗装を施したペインテッド・ブランクと、ローカーボンブランクを振動計測器にセットし、試してみればその差は歴然。塗装を施したブランクは無塗装のブランクよりも振幅幅が大きく、しかも、振動が収まるまでの時間が長いのです。つまり、マテリアルと製法が全く同じであれば、釣り人として感度が高いと感じるのは間違いなくローカーボンフィニッシュなのです。

ゲイリー・ルーミスは言います「我々の目的は、真のパフォーマンス・フィッシングツールと呼ぶに相応しいブランクをデザインすること。純粋に魚を釣るための最高のロッドが作りたいだけ」と

「純粋に釣りの楽しさを追求するアングラーであるならば、一度使えば必ずやその良さを理解して貰えるはず」、こう信じるからこそ、敢えて見た目の美しさではなく、フィッシングロッドとしての機能を追求しました。ローカーボンフィニッシュは、自らが作り出すブランクに自信があるからこそ出来る、ゲイリーのプライドの表れなのです。

コメントは受け付けていません。